読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸我のぼっちブログ

書きたいことを書きます

2pick新弾(DRK)での期待カード(エルフ編)

A0までやって構築戦に飽きてしまったので2pickばかりやっている。もちろん新弾は2pickにも関係あるだろう。なので新弾(ダークネス・エボルヴ)での2pickでの活躍を期待しているカードについて書いていこうと思う。

今回は私が面白いと思っている故によくプレイするエルフとウィッチについて触れていく。といっても今記事はエルフ編だが。

 

2pickの基本的な部分には触れない記事となっています。ご了承ください。

 

 

まずはエルフ。

レジェンド、ゴールドともに新規4枚すべて2pickで活躍間違いなしのカードであろう。

それくらい良質なカードが揃っている。

 


f:id:zecotala:20160928113242j:image

クリスタリアプリンセス・ティアは後攻4Tエルフプリンセスメイジから0マナフェアリーを2体生成できれば、5Tにそのまま本領発揮できる。1/1を3体と6/6進化守護が5Tで並ぶのは驚異的であろう。

といってもやっていることはシルバーのエルダートレントと似たことである。1マナ小さい点、守護が付く点、1/1が場に残る点、素出しでも5マナ5/5と見れる点、セルフバウンスがピックできたら繰り返し使える可能性がある点、これらをいかに評価するかは各人に任せる。

私はレジェンドでこれは(少なくとも2pickでは)ちょっと弱いかなと思ってしまう。なぜならそもそも0フェアリーの確保が難しいため、コンボ効果は実質2マナ大きく払うことで追加効果を得るようなものだからだ(mtg風に言うならキッカー2)。またレジェンドにはサタンやルシフェルのようなまさに切り札と言える性能を期待していたからだ。

しかし、上はあくまでもエルダートレントとの比較である。エルダートレントのEP使わずの進化というのはとても評価できるので、それの単純強化みたいなものと考えると十分に強いカードと言えるだろう。

 

 

ゴールドの面々もレジェンドのティア同様堅実な効果を持っている。

リザは構築とは違い、明確に活躍を期待できるというわけではない。しかし、先行4Tで投げれば返し進化で2枚以上持っていかれることがないと考えれば上出来だし、なにより横に並べるエルフで想定されるAoEに対して先打ちで対応できる点はHSでいうローゼブのような働きが期待できる。また単純に進化したフォロワーの横に出せば火力で倒されないので進化の価値を活かせるだろうし、相手に進化トレードを強制できるなんて盤面も作れるかもしれない。あとはウィッチ相手に出すと普通に強い。

シンシアも地味だが強い。自身のフェアリーを出す進化効果と味方フォロワーの打点を上げる常在誘発効果はとてもマッチしている。エルフはフェアリーを並べることがよくあるため、そのフェアリーの攻撃力が1から2に上がるだけでも影響力は2倍となる。ペタルフェンサーもフェアリーの攻撃力を2にできるわけだが、自身のステータスが良いためコンボ前提ではなく素出しできるのはペタルフェンサーよりも優れるところであろう。

 セルウィンはさらに地味だ。バウンスでも攻撃不能でも相手のテンポを狂わせることができる。なので盤面の取り合いとアグロ目に動かれた時には活躍するが、アドバンテージで負けているときにはあまりいい姿は見れないだろう。といってもエルフはアドバンテージバトルに強いテーマと言えるので、事故らなければ地味な活躍は期待できる。攻撃不能効果自体は1マナ相当という扱いのようなのでゴールドでなければバウンスはついてなかったでしょうね。

 

シルバーとブロンズは少し量が多いため、本当に期待しているカードをピックアップしてお送りする。

 


f:id:zecotala:20160929024132j:image

 ユエルはまさにエルフが求めていたフォロワーであろう。まさに後攻4T進化で使いたいスペックである。バウンスではなくダメージなのでテンポだけでなくアドバンテージも取ることができる。ターン終了時なのはメリットデメリットあるが、少なくとも進化時スプリット2ダメージよりは強いのは明らかだ。生き残れば強いのでもちろん相手はちゃんと除去してくる、使う際はドラウォリや悪戯のように使いきりだと思っていいだろう。

 

 


f:id:zecotala:20160929025110j:image

 

 ヴァルトには期待しているが、7マナというのは少し遅い。せめて6マナ4/4ならば次のターンにアケロウとの綺麗な流れができていたのに。

しかし、弱いということではない。やはり 0マナフェアリーという存在を進化なしで作れるのはすごい。普通に素だしでも7マナ7/7にはなる。1枚で収穫祭の条件をクリアできる。ほら、少し強く見えてきただろう。

 

 


f:id:zecotala:20160929025849j:image

 深縁の守護者。彼はとても強い、ヴァルトよりも。なぜなら5マナ3/5守護というスペックがありながら死に際にフェアリーを2体もくれるからだ。しかも彼はブロンズだ。

フェアリーを2体以上くれるやつらは大抵本体が貧弱だった。しかし、彼は違うのだ。5マナ3/5守護は普通に強い。ラストワードなので手札に来るのが次のターンになるだろうが、5マナなら出したターンにコンボを決めるのは難しいため気にならないであろう。

エルフの中マナ域はどうもコンボしないと大して強くないやつらの集まりだ。しかし彼は、素だしで強く、守護でヘルスを守り、コンボの手助けをする。まさに理想的なカードだ。

 

 

コンボ2ドローと6マナの手札枚数で強くなるやつも強いと思うが、新環境でフェアリーを安定的に供給できる構築を作れるのかわからないので今回は触れないこととする。けど、どうせ強い。2ドローよりは1ドローかつ2/1派だけど。

 全体的に見ても明らかな産廃カードがないため、ピックも楽しくなりそうだ。特にレジェンドとゴールドが普通に2pickで使えるカードなのは嬉しいところ。

 

 

 

終わり。

たぶんウィッチ編書いたら今回のシャドバ の新弾の記事は書かないつもりです。全体的にシャドバについての思うところをまとめたものを書くかもしれませんが、長くなりそうなのであんまり気が進みません。

 

そんなことよりHSのナーフの情報が出たのでそっちのほうが記事にしたいです。

 

 追記

ウィッチ編はこちら

 

zecotala.hatenablog.com