読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仁義なきガジェッツァンでの期待カード

予定にはありませんでしたが、仁義なきガジェッツァンのカードが面白そうなものばかりなので書きます。あの日はもうすぐです。

 

といっても、大手さんが大真面目にカードレビューをしているので、わざわざ私が同じものをする意味もないと思うので、私が特に面白そうだと思ったカードについてのレビューとなります。画像貼るんで効果テキストは読んでください。

 

 

 まず、進化シャーマンで面白そうなカード

 

爆弾部隊
f:id:zecotala:20161127183148j:image

デザインとしてはボムロバーを思い出しますが、やはり断末魔の自分フェイス5ダメージが痛いところ。普通にいれるカードではないですね。

シルヴァナスを倒しつつ、奪われることでデメリットを押し付けることができます。これは私は思い付きませんでした。

 

このカードを進化シャーマンで採用する場合に枠を争いそうなのは、堀に潜むもの。

どちらも相手ミニオンを処理しつつ進化でそのデメリットを消すことができます。また、どちらも6マナ以下なので進化を統べるものと同時出しができます。比較すると

 

爆弾部隊が優れる部分は

  • デメリットがあくまでもフェイスダメージなので役割遂行(つまりミニオン処理)は単体使用でも十分
  • 6マナミニオンは進化先として良質

 

爆弾部隊が劣る部分は

  • ラグナロス等のヘルス5を越えるミニオンを処理できない。
  • フェイス5ダメージはアグロ相手には大ダメージ
  • ミニオンにのみダメージを向けるので、シルヴァナス等の自分ミニオンを倒すことには使えない

 

堀に潜むものが優れる部分は

  • ミニオンを破壊できるのでヘルス5を越えるミニオンでも処理できる。
  • 自分のシルヴァナス等の断末魔をうまく使える(進化とは関係ない)

 

堀に潜むものが劣る部分は

  • 1マナ重い
  • 進化しないと役割遂行ができない場合がある
  • 7マナは進化先として見劣りする
  • シャーマンは大型ミニオンを処理できるカードとして良質な呪術を持っている

 

全体的に評価するなら爆弾部隊のほうが丸いのかなと思います。しかし、もしランプドルイド等の大型ミニオンを主体にするデッキが環境を支配するならば堀に潜むものを確定除去としての採用はありだと思われます。呪術で処理できないソゴスも堀に潜むものならば処理できます。

 

 

ドッペルギャングスタ
f:id:zecotala:20161127202332j:image

 デザインはグーンズのハンドバフとのシナジーを意識しているようです。ナクスの時にいた反響ウーズと違い、盤面に出したらすぐにコピーが出るようなので王の祝福等の通常のバフとのシナジーはありません。

コピーが出るわけなので5マナのミニオンが3体も並ぶことになります。つまり進化と合わせれば6マナ2枚消費で6マナミニオンが3体並びます。

進化シャーマンで似たような役割を持っているのは食糧庫蜘蛛です。比較は特にすることはないかと思います。

どちらも単体でとカードパワーは低めで、あくまでも進化とのコンボで本領発揮する。食糧庫蜘蛛は獣なのでキュレーター(キュレーター自体も進化との相性よし)の採用も検討できる。しかし、単純な爆発力ならドッペルギャングスターのほうが上。

 

関係はありませんが、5マナミニオンが3体って言い方、遊戯王を思い出します。

 

 

進化シャーマンについてはいまのところはこれだけです。

翡翠蓮のギミックの翡翠のゴーレムは進化と相性がよさそうなので、良質なカードが判明すれば進化翡翠蓮シャーマンもありだと思っています。

 

 

ウィッカーフレイム・バーンブリストル
f:id:zecotala:20161127204647j:image

 鯛パラ等のコントロール系のパラディンを使っていると低マナ域のミニオンの選択に悩むが、このカードはすぐ採用したいと思えました。

サイズ的にマジウザ・オ・トロンを思い出すが、回復効果がついているのもいいし、5マナで終末予言者と一緒に使うのもよさそうだ。

 

にしても名前が長いし覚えづらい。

 

 

ナックルズ
f:id:zecotala:20161128012226j:image

ミッドレンジハンターには入るであろう1枚。いままでの5マナ獣で安定していたものがいなかったが(私は暴走コドーが一番好みだった)、こいつには安心して5マナ枠を明け渡せそうだ。

ハンドバフや猟犬使いと相性がいいヘルス重視のステータス、盤面を取りながらフェイスを詰められるというハンターに噛み合った能力。除去が向いたなら、それはそれでサバンナハイメインという最強6マナの露払いという役割を全うしたと言えよう。

 

このカードを含めハンドバフを主軸としたグーンズ獣ハンターには期待しています。最近のシークレットハンターはどうも好きになれません。

 

煤けた機械職人
f:id:zecotala:20161128013339j:image

ソーリサン方式でハンドバフをしてくれる。維持できたら強いが、ヘルス3はどうも信用が足りない。しかし、除去を向けられたと考えるならば、ハンドバフした本命を通しやすくなったと考えることができる。

ガジェッツァン環境でもシャーマンがtier1にいるのならば維持が難しいし、精霊の爪で処理ができてしまうあたり厳しそうではある。

アリーナだと維持できたら勝ちレベルのカードパワーを持ち合わせている。

 

関係ないけど、煤けたは「すすけた」と読みます。私は読めませんでした。悲しいです。

 

 

 

終わり。

突発的に書いたからこんなもんで満足。

別にドラプリとかいかにも強そうなのに触れる必要はないでしょう。

ガジェッツァンの公式配信が楽しみで仕方ないです。

 

もしかしたら今日もう1つ記事をあげるかもしれません。記事が書けたらいいなと思いますが、現実はどうなんでしょうね。

 

では、あの日にまた。