幸我のぼっちブログ

書きたいことを書きます

コボルトと秘宝の迷宮の期待カード

 

 いつも通り適当なのを抜粋してお送りします

続きを読む

11月の活躍

誕生日記念記事的なのは完全に書く気になっていなかったため、喜多見柚の2017年11月の大活躍についてまとめることをお祝いとさせていただきます。

 

続きを読む

手放しに喜べない喜ばしいこと

いろいろありましたが、まとめて書こうかと思います。

HSとかも触れたいですが、時間がないのでデレマスの話題3つに軽く触れることとします。

 

 

 

 

 しんげきについて

勇者ランコ回と虹色ドリーマー回の内容についての話です。

勇者ランコ回

しんげきで総選挙組の出番があるとは聞いていましたが、予想していた通りの手放しに喜べない内容となりました。

どこが問題だったかというと、喜多見柚が弓矢でぴにゃこら太スライムを倒すというシーンにおいて、編み棒を模した矢がぴにゃこら太スライムを(刺すという表現を越えて)貫通していると言える表現が成されていたことです。

以前書いた通りで、私は喜多見柚がぴにゃこら太を刺していないという私見を持っています

 

しかし、ただただこれに対して否定的なことを述べるというわけではなく、好意的に捉えようかと思いました。

つまりぐさぁーっ!しても喜多見柚のキャラクターを歪めないと認定されるにはどのような解釈をすればいいのかという話です。

 

  •  世界がフィクション設定
  • あの世界では綾瀬穂乃香が存在していない(もしくは知り合いでない)かもしれず、友人の好きなものを傷つけるに値しない
  • ぴにゃこら太ではなくぴにゃこら太スライム

 グレーゾーンといったところでしょうか。しかし、とりあえず前向きに捉えられたと思っています。

しかしここまで解釈をしたところで、公式においてぴにゃこら太(スライム)に編み棒が刺される絵が出されてしまったことも事実です。ウケ狙いで何も考えずに刺しているイラストが増えそうですし、これで許されたとデレステでぴにゃこら太を本当に刺すかもしれません。安心はできないですね。

まだ救いようがあるのは何かを刺すことにぐさぁーっ!という擬音を使う程度に抑えてくれることでしょうか。

 

 

本題とは違いますが、原作にいたCVなしアイドルを起用せずにCVありアイドルで代用したと捉えることもできる回なので、そこまで気持ちはよくありませんね。

 

 虹色ドリーマー

 内容は原作通りと言えるかもしれないですが、ある一点がとても気になりました。

それは神谷奈緒が荒木比奈を「比奈」と呼んでいたことです。

原作では「比奈さん」と複数回呼んでいることが確認されています。

 

この劇場のウケがいいポイントはウサミンの「時代考証中」と「徹夜はムリだった」と比奈の「キメッ」なので、それらとストーリーが無理なく展開できるようにセリフ等をカットした結果、比奈さんから比奈にカットされたという説。

これについてはなしだと考えていて、キャラの呼称というキャラの性質や関係性を端的に表せるものを変更するまでキツキツな尺ではなかった

 

つまり理由を考えるならば、脚本の情報不足か関係性が変化した(もしくは変化する予告)

 

前者はなしだと考えていて、なぜなら神谷奈緒の声優の松井恵理子さんはキャラ愛が強いことで有名であり、神谷奈緒が年上の人(特に二十歳以上)に対して呼び捨てなのはおかしいと気づかないはずがないというところにある。ここは個人的に好きな声優だからという補正ありきなところはあるが、荒木比奈は劇場だと神谷奈緒と何度も共演する仲なので、把握してくれていると思いたい。

 

では後者。簡単に言えば呼び捨てになる程度の仲になる。つまり虹色ドリーマーでデレステイベントをする予定にあり、その中で神谷奈緒が荒木比奈を呼び捨てにする経緯を示すイベントがあり、今回のは時系列ではそのデレステのイベントの後という設定にする。そうなれば呼び捨てとなっても筋は通る。

事実、またしても虹色ドリーマーでの劇場があったばかりだ。また特にここ最近の神谷奈緒共演率はすごいものとなっている。下の画像の4/9(小さく顔が写っているものを含めれば5/9)を占めている。デレステでイベントをするための下準備をしているようにも見える。

f:id:zecotala:20171119005820p:plain

この説に関してはあくまでも仮定しているだけなので現状どうとも言えないので、この説を信じる以上にはこれ以上騒がずに静観することとする。

 

ちなみに個人的には神谷奈緒には比奈さんと呼んでほしく、なかったことにしてしれっとBDで比奈さんって呼んでないかなと思う次第だ。

 

SSR藤忍について

 

めでたいとは思います。

藤忍担当Pの方々、おめでとうございます。

 

しかし、(運営に)苦言を呈さなくてはならないことが2点あります。

一つはモデルがあんま変わっていないこと。もっと可愛くしてくれ。

もう一つは登場間隔についてです。

CVありアイドルでも散々話題になっている登場間隔の偏り。それは声の収録の問題等があると言われればある程度は仕方ないと言えるかもしれませんが、それはCVなしアイドルにも浮き彫りになってきました。

藤忍はキャラバンで上位SRとなって2カ月後にSSRとして登場となりました。

一方800日の沈黙を破って、ついに2枚目のSRと手に入れたアイドルもいます。

 

露骨にCVなしの中でも格差を見せてくるようになりました。格差を付けることは仕方ないことかもしれませんが、もうちょい配慮をするべきかと思います。デレステの勢いが落ちるような要因をわざわざ増やす利点があまりにも見えません。

 

 恋が咲く季節について

f:id:zecotala:20171117183403j:plain

 

www.youtube.com

 

 

アイドルマスター(THE IDOLM@STER)公式ページ|日本コロムビア|2017.11.17 News

 

というわけでついに総選挙曲CDのお知らせがきました。柚と比奈が一緒にCDのジャケットに写っているという事実だけでなかなか嬉しいものです。ジャケット写っているものへのコメントは終わり。

 

 失望していることについて述べます。

 

f:id:zecotala:20171119012135p:plain

 

見ればわかる通りでドラマパートがありません。

総選挙曲CDには基本的にドラマパートはありました。

つまり特に予告もなくドラマパートはなくなりました。

柚と比奈の絡みを楽しみにしていたので、とても残念です。

 

 

 

総選挙曲CDにドラマパートを入れると書いていませんでした。

総選挙曲のイベントをデレステでやるときにオリジナルメンバーでやるとは書いていませんでした。

 

つまり運営はいままでずっと入れてきたドラマパートを今回入れなくても問題ありませんし、総選挙曲のイベントを誰がやろうと問題ありません。

 

しかし、期待していたものを裏切るってのはどうなんだろうね。

 

 

 

 

 

 

終わりの一言

すべて私にとって良いことのはずなのに、何かが足りてなくて手放しに喜べない。

もう今日開催となったアニバーサリーイベントなわけだが、これも手放しで喜べないものになりそうで怖い。CMの続き出してくれれば満足だとフラグを立てて置くこととしよう。なんも考えてないけど、予想はどうせ3枚組の水本上条向井あたりだとしておくよ。そろそろ拓海出してやれ、去年も言ったぞ。

 

また贅沢な悩みだなんだとバカみたいに騒ぐやつが出てきそうな記事となってしまった。まあ、たぶん来ないだろう。

 

 

 

やっときた

このブログを見る人ならば知っての通り、モバマスで喜多見柚の新SR[シトロンデイズ]が登場し、それに伴い喜多見柚にCVが実装されました。

 

 とりあえずそれも含めて、更新しなかった間に喜多見柚関連であったことをまとめると

 

  1. 劇場第963話「時間内に当ててね」にて矢口美羽が柚の物まねを披露
  2. 衣装「ディープスカイ・ブレイズ」のモデルとして起用
  3. アイドルマスター シンデレラガールズ 6th anniversary memorial party に声優が(ゲストとして)参加することが決定
  4. SR[シトロンデイズ]が実装
  5. CVが武田羅梨沙多胡さんに決定

 

いろいろありましたね。

まとめただけで特に触れるつもりはありませんが。

 

 

というか、この記事あんま書くことないですね。

前記事で書いた通りで、声に関してはかわいければいいというスタンスなので、特に言うこともないでしょう。

 

なので、簡単に書いてしまいますが、やはり担当アイドルにCVが付くというのはすごいことですね。

嬉しかったし、なんというか違和感がすごかったですね。なんかボタンがあって、押したら柚の声が聴こえてくる。

そう遠くないいつかデレステで柚の声が当たり前のように流れる日が来るわけで、この違和感をすぐに忘れてしまうのだろうけれども、そういう刹那の感覚が存在していた事実を記事として残すことができるのがこのブログを存在意義のひとつでしょう。

 

 

 

こんなところでしょうか。

声優さんの名前だったり、思い出エピソードの内容だったり、そういうものに触れるべきなんでしょうが、語る気になれないのでやめておきます。このタイミングで今までの流れに言及する内容なのは反則だなと思ったくらいです。

 

ではみなさん、月末にまたお会いしましょう。柚はCVが付きましたが未だに3人付いていないので、月末に3人をそのまま出すことを祈ります。前記事に書いた通りで、しんげき2期までに総選挙でCV付くのが決まったアイドルにCVが付いている状態がベターですからね。

  

2周年ですし

デレステが2周年を迎えたとなれば、既にやってきているのが当ブログの2周年。

こういうのは真面目にブログを更新している人のみができることですが気にせずに、2周年記念の記事を書いていきましょう。去年と同様に2周年記念とは名ばかりの小ネタまとめ記事となりますが。

今回は前回とは違い、デレマスとhearthstoneの二部構成となっています

 

  •  デレマス
    • 柚にCVが付いたら
    •  無料10連を見て
    • シンデレラマスターについて
  • hearthstone
    • ナーフとスタン落ちについて
    • 練気のナーフについて
    •  アドベンチャー

 

 

続きを読む

リッチキング攻略記録

 凍てつく玉座の騎士団の無料アドベの最終戦リッチキングが開放されたので、土曜に一気に9クラスすべてクリアしました。とりあえず何も参考にせずにできたので、記録に残すという意味で記事として残しておきます。あくまでも私がクリアできただけなので、そのままデッキを転用してもうまくいかないこともあると思うので、あくまでも参考という扱いでお願いします。ここよりpwnのほうが頼りになると思うよ。

 

ちゃんと相手のテキストちゃんと確認してないから間違ったテキスト書いてるかもだけど、それでもクリアできたからたぶん大丈夫です。

 

プレイヤー先攻 リッチキング後攻

リッチキングのヒロパは「2/2を出す」

リッチキングの行動は

1T プレイヤーのクラスによって決められた特定の1マナ呪文を必ず唱える。

ドルイド:敵のデッキ、手札、場から2マナ以下のミニオンを破壊する

プリースト:敵のヒーローを沈黙させる(プレイに影響はない)

ウォーロック:敵のデッキの重複しているカードの枚数分ダメージを与える

ローグ:敵のデッキ、手札から呪文を破壊する

ウォリアー:装甲100を得る

シャーマン:敵のデッキ、手札、場のミニオンのステータスを1/1にする

メイジ:敵のヒーローのヘルスを1にする

ハンター:敵のデッキに含まれているミニオンの枚数1枚につき2ダメージ与える

パラディン:敵の場に出たミニオンに「断末魔:敵の場に召喚される」を与える

 

7Tまではアリーナのちょっと強い動き程度の動きしかしてこないので基本的に問題はありません。

大体序盤は

1T コイン2/3 or パス

2T ヒロパ2/2 or コイン3/4

3T 3/4

4T 3/6 or 2/3挑発2体

みたいな感じですかね。

 

 

7T ドロー後すぐにフロストモーンを使う。

フロストモーンは通常で使うものとは別物で

フロストモーン 5/3

雄叫び:自分の場のミニオンを取り除く。

断末魔:雄叫びで取り除いたミニオンを場に戻す。

 そしてそれと同時に

場に3マナ2/6のミニオンを6体に並べる。

ヒロパが「並んだそのミニオンを場にいる限り自ヒーロー(とフロストモーン)は無敵となる。」に変更。

この状態では、リッチキングは手札からカードを使えない

 

そのミニオンをすべて倒したら、ヒロパが0マナとなり

「相手ヒーローに1ダメージ与える。ヒロパを使用後与えるダメージを1増やす」

に変更される。つまり相手ヒロパが疲労ダメージのような形式のダメージソースになるってことです。長期戦は避けましょう。

 

 

 

つまり1Tに使う呪文に合わせて各ヒーローでデッキを組み、フロストモーンを使う前に勝負を決めるかフロストモーンを処理してから勝負を決めるというのが大まかな流れとなっています。

まあ、私はフロストモーンを使う前に勝負を決められなかったので、今回は後者のみの紹介となります。

 

 

共通して使いやすかったカードですが、 終末予言者と精神支配技師と昔の断末魔ミニオンくらいでしょうか。

 

終末予言者は7Tに出すことで、返しのフロストモーンを確実に返せるのでオススメです。中立カードなのでうまく合う全体除去がないヒーローでも簡単に返せるようにしてくれたが、特定の呪文で破壊されてしまうドルイドでは残念ながら使えません。シャーマンでは1/1にされるのでフロストモーンで破壊できますが、横に挑発を置ければその問題を解決されます。

 

溶岩の巨人を持っていれば、特定の呪文でヘルス調整ができるヒーローでの活躍もあるかと思います(持ってない)

 

 

各ヒーローでのクリア例に入りますが、順番は簡単だと思った順です。シャーマン以降は何度も繰り返すほどの難敵だったので、ヒロイックレベルだと思ったのはその4クラスとなります。

 

ドルイド

使用したドルイドはワイルド仕様になってますが、別にスタンダードの翡翠で勝てると思えたのでちょっと資産があるなら一番簡単にできるかと思います。最後らへんはヒロパでヘルスが足りなくなることもあるので、大地のウロコをオススメします。終末予言者は特定の呪文で消されるので別のカードに変えたほうがいいと思います。

f:id:zecotala:20170827142347p:plain

 

f:id:zecotala:20170827142446p:plain

 

 

 ・プリースト

ここらへんはまだ手探り状態なので構築があまりきれいではありません。適当に昔の断末魔ミニオンをぶちこんでンゾスプリーストみたいなのにしたらクリアできたため、やっぱりンゾスは強いです。

f:id:zecotala:20170827142604p:plain

 

f:id:zecotala:20170827142649p:plain

 

 ・ウォーロック

せっかくなのでハイランダーンゾスにしてみました。カザカスがなくてもワイルド環境なのでカードパワーは充分。特に苦戦することもないかと思います。

 

f:id:zecotala:20170827142903p:plain

f:id:zecotala:20170827143030p:plain

 

・ローグ

呪文を使えないので基本ミニオン構成のンゾス構築となっています。せっかくミニオンばかりなのでケレセス公爵を採用してますが、使わずに勝ったのでどうでもよかったです。ちなみに怪盗紳士が奪うのはコインでした。

ここらへんまではとりあえずンゾス投げれば勝てるみたいな難度なので、正直簡単でした。

 

 

f:id:zecotala:20170827143306p:plain

 

f:id:zecotala:20170827143406p:plain

 

 ・ウォリアー

フロストモーンで出てくるミニオンや素出しのミニオンにパワー2が多かったのでパトロンデッキです。パトロンで遊びたかっただけだけどクリアできたから問題なしだ。。しかし、それだけでは間に合いそうにないので狂戦士と海の巨人が入っています。

 

f:id:zecotala:20170827143600p:plain

 

f:id:zecotala:20170827143617p:plain

 

 

・シャーマン

卵2種などを採用した翡翠進化シャーマンとなっています。カラザンの悪い狼戦同様、1/1になるのはあくまでもそのカードだけなので、暗黒街の大物は進化ともシナジーがありつつ素出しもできる優秀なミニオンとなっています。終末予言者は入ってませんが、退化で対処できるのでそこまで問題はありませんでした。

f:id:zecotala:20170827143757p:plain

 

 

 

 ・メイジ

これに関してはあまりプラン通りとはいかず、クリアしたのはフロストモーン中のケルスザードとミラーイメージでのハメができた故のことです。レノ引くまでハメて、そのままカードパワーで押しました。

f:id:zecotala:20170827143855p:plain

f:id:zecotala:20170827144006p:plain

 

 

・ハンター

たぶん一番クリアに時間を使ったと思います。バーンズヤシャで勝つプランです。バーンズを引き、バーンズでヤシャを出し、ヤシャでヤシャを出す。それをやるのにとても時間を使いました。カラザンのチェスを思い出すつまらなさでした。なんかしら別の構築を思い付けばよかったんですが、溶岩の巨人を持っていない以上自傷ダメージをでかくするほどの利点を内包した構築は作れないなと思いまして。

f:id:zecotala:20170827144050p:plain

 

 

パラディン

個人的には一番デッキを考えるのが楽しいクラスでした。適当にンゾスに頼ろうとするとそのまま倒されかねないくらいのハンデ戦だったので。

相手の場に自分のミニオンがでるというのはカラザンの鏡戦でやったので、そこで使った爆発ヒツジやエサゾンビがまた活躍しました。ちなみに爆発ヒツジの挙動は、爆発ヒツジが破壊されると相手の場に爆発ヒツジが出てから爆発するので、爆発が連鎖して4点の全体除去となります。

ちなみに終末予言者は7T出しをするとフロストモーンのミニオンを破壊した後に相手の場に再び終末予言者が出るので、フロストモーンを出す時に取り除かれたミニオンもそのまま破壊することができます。

1体のマーロックで2体分死ぬことになるので、いつもの鯛罪よりも早く準備が整うため、時間の問題はあまり感じませんでした。 

f:id:zecotala:20170827144152p:plain

 

f:id:zecotala:20170827144235p:plain

 

 

というわけでアーサスを手に入れました。

 

f:id:zecotala:20170827144409p:plain

 

 

感想としては

パトロン使わずにスタン落ちを迎えたのでパトロンを使えて嬉しかった

パラディンは考えた結果のクリアだからなかなかの達成感があった

・ハンターはもうやりたくない

 

こんな感じです。無料でこんだけ楽しめるなら充分だと思います。 

 

 

追記8/30

 せっかくなので、鯛罪パラディンでの攻略を動画に収めてみました。


hearthstone リッチキング戦 鯛罪パラディン

 

使ったデッキは上に載せたデッキを少し変えたものとなっています。

勝鬨の剣と報復の怒りを抜いて初級エンジニアを2枚いれたものとなっています。

 

f:id:zecotala:20170830232342p:plain

 

動画を取ろうと思って始めたらすぐできたので、わりと安定してるのかもしれません。

按手の儀式を1枚抜いて、禁じられし癒し2枚目をいれてみてもいいかもしれません。持ってないから試してませんが。マークアイがなくてもクリア自体はできると思いますが、単純にマーロックが1枚減ることになるので運によっては回数を重ねる必要が出るかもしれません。

 

 

あしたは月末なわけですが、ブログを更新できるような1日となることを願っています。

喜多見柚に関する愚痴その他

あまりにも柚のCV公開が遅いのでその他の愚痴も合わせてここにまとめて書かせていただきます。

 

 

  1. 喜多見柚とフリルドスクエア
  2. 喜多見柚とぐさぁーっ!!
  3. 格差

 簡単簡潔に内容を言ってしまえば

  1. フリルドスクエア以外の喜多見柚に乞うご期待
  2. 喜多見柚は刺していない
  3. 喜多見柚のCV公開はよ

 

続きを読む